日本統合医療普及推進協会(統医協:JAPM)は、より多くの人々の「健康長寿」と幸せのために、医療人と企業人が連携して、患者主体の統合医療の普及推進を図ります。
日本統合医療普及推進協会  
ホーム News Topics セミナー情報 協会概要 入会のご案内
新規企業会員募集
総合医療ジャーナル記事
総合医療ジャーナル定期購読お申し込み
News Topics
NewsTopics
●会員及び一般向け 2014年度第3回勉強会
【日時】
平成27年2月16日(月) 午後1時15分〜5時15分

【会場】
糖業会館(東京有楽町・日比谷、ニッポン放送のビル)

『 日本の機能性表示制度と医療機関でのサプリメント活用の可能性 』

お申し込み・詳細はこちら

●会員及び一般向け 2014年度第2回勉強会
【日時】
平成26年10月23日(木)午後1時15分〜4時30分

【会場】
持田製薬株式会社 本社 ルークホール 東京都新宿区四谷1-7(四ツ谷駅徒歩5分、外堀通り市ヶ谷方向左折)

『食品の新たな機能性表示制度の今後の行方〜 〜健康長寿社会の実現に向けて 』

お申し込み・詳細はこちら

●平成26年7月2日「第4回定例総会」および「記念講演会」を開催
【記念講演】
安倍政権のサプリメントに関わる2つの課題
(1) 病院でのサプリメント販売の解禁
(2) 消費者庁の機能性表示検討の今後
講師:内閣府・規制改革会議委員、大阪大学大学院医学系研究科 教授 森下 竜一 先生

【総 会】
事業報告、決算報告、来年度事業計画など
情報交換懇親会 同ビル地下「綴(つづり)」にて

お申し込み・詳細はこちら

●斎藤一郎鶴見大学教授を招き勉強会開催
日本統合医療普及推進協会は10月10日、都内の中央大学駿河台記念館で平成24年度第1回勉強会を開催した。鶴見大学歯学部教授の斎藤一郎・同大学先制医療研究センター長が、「抗加齢(アンチエイジング)医学の最前線」と題し講演。斉藤氏は、抗加齢医学のコンセプトについて、「抗加齢医学を実践するには体全体を視野に入れ、脳、骨、目、肌、血管、口腔などから思考に至るまで、横断的な対応が不可欠である。抗加齢医学が目指すのは“均質な老化”である」とした。

●「日本サプリメント学会」設立記念講演会に100名が参加
  更年期と加齢のヘルスケア学会(小山嵩夫理事長)主催による日本サプリメント学会設立記念講演会が5日、都内で開催され、約100名の医療従事者、企業関係者が参加した。新学会の設立趣旨について説明した小山理事長は、「今の医療体制は治療が中心で、健康維持や健康増進をサポートする手立てがない。健康増進の手段として医療機関でも食事指導やサプリメントの摂取方法を助言できる体制を整えることが課題となっている」と述べ、新学会の役割として健康の維持増進に役立つサプリメントを活用するために、国民と医療関係者にサプリメントの知識を啓発することが課題となると訴えた。
桑原正人氏

●7月5日に「日本サプリメント学会」設立説明会&記念セミナー
 サプリメントを活用して健康増進やQOL向上を目指す「日本サプリメント学会」が2012年11月4日に設立されます。設立母体となる「更年期と加齢のヘルスケア学会」(小山嵩夫理事長)では、医療関係者のみならず、理工学系、農学系、化学系などの研究者にも広く参加を呼び掛けるため、日本統合医療普及推進協会との共催で、7月5日にアートヴィレッジ大崎セントラルタワーにおいて、「日本サプリメント学会」の設立説明会を兼ねた記念セミナーを開催致します。
 当日は、更年期と加齢のヘルスケア学会理事長の小山嵩夫氏(小山嵩夫クリニック院長)が、設立趣旨と事業概要について説明します。記念セミナーでは、サプリメント外来を実践する武内博朗氏(武内歯科医院院長)、久保 明氏(高輪メディカルクリニック院長)が、外来導入のノウハウとサプリメント療法の症例を報告します。

お申し込み書ダウンロード
桑原正人氏
小山嵩夫氏

●2012年5月17日に医師・歯科医師向け講習会を開催!
遺伝子・免疫検査と薬剤・サプリメント併用の「免疫調整療法」 インターフェロン発見者の小島保彦氏が解説
TGF-βを一つのマーカーとする
Th1、Th2、Th3のバランス調整

●第15回日本統合医療学会(埼玉大会)での統医協セッション(2012年1月14〜15日、大宮ソニックシティ―)
(株)日本免疫システム
天然素材混合物による口腔内のリンパ粘膜免疫刺激製品に関して
(株)エス・エス・アイ
アガリクス茸に含まれる低分子成分ABMK-22/1SY-16の有用性〜米国NCIからの報告
HRD(株)
予防医療の未来とTPPの動向〜医療機関はどう対応すべきか
日本ニュートリション協会
サプリメント外来の導入と実践〜導入における法的問題への医療機関の対応
(株)光英科学研究所
統合医療を先導できるサプリメント、乳酸菌代謝物質
甲陽ケミカル(株)
グルコサミンと慢性炎症 − 米国でのProspective Cohort Study:がん発生および全死亡リスク低減報告
(株) ADEKA
大麦と黒酵母ベータグルカンの機能性とその応用について
江南化工(株)
アオサ抽出物の主成分「ラムナン(植物繊維)」の有用性〜「ラムナン」の抗ウイルス性と免疫力強化
ドクターセラム(株)
シルクフィブロイン飲用による血清脂質、糖代謝能への効果

●第2回「統医協カンファレンス」(2011年11月24日、文京シビックホール )
「鍼灸治療における西洋医学から捉える統合医療のアプローチについて」(医療法人社団秀心会理事 鍼灸柏整骨院&アロマ美療室院長 橋口 修氏)
「私の受けたいガン治療〜 標準治療と先進・補完医療を組み合わせた全人的医療の実践」(健康増進クリニック院長 東京女子医科大学非常勤講師 水上 治氏)

●第1回「統医協カンファレンス」(2011年9月22日、芝公園フロントタワー)
「メタボ予備群のための食事指導とサプリメント知識」(同志社大学大学院生命医科学研究科アンチエイジングリサーチセンター所長 米井嘉一氏)
「サプリメントの臨床応用と商品開発の課題」(丹羽クリニック院長 丹羽 正幸氏)協会設立シンポジウム(2011年7月4日、東京フォーラム)

●協会設立シンポジウム(2011年7月4日、東京フォーラム)
「統合医療普及推進協会」の発足とその目的(代表幹事 伊藤道代)
「祝 辞」(元内閣総理大臣 鳩山 由紀夫氏)
「医療と企業連携に向けて」(昭和大学医学部教授 塩田 清二氏)
「サプリメント外来の実践と今後の展望」(ビオセラクリニック薬剤師 酒井 美佐子氏)
「がん領域における補完代替医療としての健康補助食品の役割」(厚生労働省研究班、玄々 堂木更津クリニック医師 住吉 義光氏)

Page Top
  日本統合医療普及推進協会
〒101-0021
東京都千代田区外神田6-5-3
偕楽ビル新外神田5F
TEL:090-3147-1341
FAX:03-3836-2810
 
≪事業・活動内容≫
1) サプリメント推進セミナー(統医協カンファレンス)の開催 【企業会員向け】
2) 統合医療実践セミナー(実技講習会)の開催 【医療会員向け】
3) 企業会員・医療会員の交流会の開催
4) 情報提供(Webサイト、会報紙、ニューズ・レター等)

Copyright(c) Japanese Association for Promotion of Intergrateed Mediceine All right reserved.